ロストピア

書きたい事を書きたいままに。 自由気ままな私の世界。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

カウンター


プロフィール

蓮雪花

Author:蓮雪花
名前:蓮雪花(れんせつか)
色々残念な人間。
明るいオタク。

REBORNとか、ゲーム(RPG)が好きです。

カレンダー

プルダウンリスト

ブログ内検索

巡回サイト更新履歴

かけじく

CCG

Amazon

ゼノブレイド2が発売されるそうです。

ゼノブレイド2がニンテンドースイッチで発売されるそうな!





スイッチで発売…デスカ。

…お、穏やかじゃないですね(^ω^;)



元々、ゼノブレイドがWiiで発売されたから、
続編がその後継機種で発売されると言うのは、ある意味筋が通っている気はしますけども…

でも…どうしても思ってしまう…。
……何で…スイッチですか…>普通に持ってないよ…。
また新しいハードを買え…って事ですか顔文字 糸人間 挫折



※ちなみに、ニンテンドースイッチはこんな感じのハード機ですって言う紹介映像









でも、ゼノブレイドシリーズとなるとなぁ…
凄く気になる…


PVを初めて見た時の印象としては、
前回の主人公・シュルクに対し、
今回の主人公は、見た目とか、雰囲気とか、あまり好きな感じのタイプじゃないし、
(ごっつい装備が微妙にカッコ悪いし、性格も私の好みじゃなさそう←酷ッ)

わざわざハードまで買わなきゃできないとなると、
とりあえず様子見でいいかな…っと思ってたのですが、



PVを見ていて、何かが引っかかる。



…何だろ、

…。


……………曲?

そう言えば、このゲームの曲…。
初めて聞くのに、どこかで聞いたような気が…?



そして、PV開始1分後。
その正体に気づく。



クロトリかッ顔文字 驚く





何かを連想させる曲だと思ったら、
クロノトリガー(クロノクロス)とかとイメージかぶるんだ…ッ!!

……と言う事は、曲を作っているのは光田康典さんじゃない?!
確認するように、もう一度PVを再生してみると、確かにそのお名前を発見ッ←初見時は、映像ばっかり見てて、気づかなかった。
(ちなみに、光田康典さんの作品例>クロノトリガー、クロノクロス、ゼノギアス等です)



うわぁぁぁ…それ卑怯だわ…
それって、とりあえず「曲の良さ」だけは完全保証されてるって事デショ!
それだけで、既にやりたい、むしろサントラが欲しい…
ゼノブレイドは前作も曲が良かったので、超期待です


ゼノブレイド2
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/xenoblade2/


しかも、開始1分からのこのホームページにも使われている映像がまた卑怯でね…。
青い空に、謎の巨大な生き物がぶわーーーーって出てくる映像…。
神秘過ぎて、内容が気になり過ぎる…





スイッチか…
どーせなら、本体同梱版で出ないかな…



PlayStation 4 ドラゴンクエスト ロト エディションが発売されるそうです

予定としては7月29日に
「ドラゴンクエストⅩⅠ~過ぎ去りし時を求めて~」が発売されますね。















それにあたり、
今回は本体同梱版が発売されるそうな。



PlayStation 4 ドラゴンクエスト ロト エディション


か、可愛いッ
明らかに邪魔そうなはぐれメタルの人形が無駄に可愛いんですけどッ



本体同梱版…。
容量も1TBだし、素敵ですね。
やっぱり、本体を買うならこう言う同梱版が出た時に買いたかったわ。


ちなみに、本体同梱版のCMが此方




第4のロト装備って…

シュール過ぎて、思わず笑ってしまったよ…




※今の所、ネットだと定価以上の値段になっているので
(発売日近くになったら安くなるかもだけど…。)
予約するなら、お近くの家電量販店とかゲーム専門店に行った方がよいかもです~。
うちの近くの電気屋さんとかだと、普通に39,980円(税別)だったし…。



シン・ゴジラ

【シン・ゴジラ】


評価:★★★★☆
ジャンル:SF、動物(?)
公式サイト:hthttp://shin-godzilla.jp/



ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。
すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。
その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。




噂に名高いシン・ゴジラ!
ついに見ましたーッ顔文字 きゃー 喜 笑顔




去年は、地震の影響で、近くの映画館が全滅し、
凄く楽しみだったのですが、結局映画館で見ることができなかったゴジラ…
それを、ついにッ



まず最初に。
見て思った感想を一言で言いますと…

「面白い、面白くないの二択で語れない



素直に感じた感想として、
「分からない」が一番多いんですよね…。

だからと言って、面白くなかったわけではない。
…ので、「難しい」…ってのが正直な気分




演出について。

エヴァンゲリオンを作っている庵野秀明さんが監督されているだけあって、
そこらかしこに庵野さんらしい演出が入っていて、
ものっそテンション上がりますッ



よく「映画通」みたいな人が
「これは〇〇監督らしい演出ですっとドヤ顔しながら言われているのを聞き、
違う内容の映画なのに、‟その監督らしい演出”なんて分かるわけねーじゃん…
っと思っていたけど、


…いや…本当に。
今まで全然信じなくてごめんなさいって心底謝りたい。

やっぱり、「好き」だと分かるもんなんですね(笑)


私の中で、庵野さん=エヴァでしか知らないけども、
映画の端々からエヴァっぽさを感じさせられます。

と言うか、劇中BGMで、
明らかにエヴァンゲリオン出動時に流れるBGMとそっくりな曲とかあるしッ!!




また、各所シーンで意味なく映りこむ信号機のカットとか、
そう言う、一見無駄と思われる演出とか、
また、わざわざ「〇〇会議」とか「〇〇作戦」っとか言うのをテロップで出してくる感じとかも
も~各所にて「っぽい」演出を見ていたらテンションがッ

いいですね、いいですね
テンション上がりますよね



また、今までのゴジラを見てきた私達世代からすると、
旧ゴジラをリスペクトしているのが随所から伺えて、
見るシーン、見るシーン、「こう言うシーンは、いかにもゴジラっぽい」って思える所がまたッ


最初はゴジラの全身図を見せずに、尻尾だけ見せるとかのチラリズム登場とか、
電車をバーンッと蹴とばすとか、
そして、聞きなれた「ゴジラのテーマ」が流れた時には感動の嵐ッ顔文字 ウハーキラキラ





…もっとも、
最初登場したゴジラがモスラの幼虫?みたい姿だった時には、
正直驚愕を隠せませんでしたが…
誰・だ・よッっと、思わず画面を見ながらツッコミ入れたよ…

あの第1?第2?形態のゴジラ……ある意味ゴジラより怖いですよね…
魚類から変化した所為なのか、目が死んだ魚のような目って言うか、
深海魚にいそうな感じの目…
あのヒダヒダな体の感じとかが、ラブカとか、その辺を思わせる感じ…。
怖い…





映画を見ている時、何よりテンションがピークに達したのが、
やっぱり自衛隊のテーマ(怪獣大戦争マーチ)ですかねッ




これ、当時からものっそ好きな曲だったので、
久しぶりに聞くこの曲に、もうテンションマックスですッ顔文字 ウハーキラキラ

クレヨンしんちゃんでこの曲が流れた時も違うスイッチ入りましたが、


クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦


旧ゴジラを知っている人にとっては、
もう「おおおおおッ!!!」ですよねッ顔文字 お願い






やっぱり、ゴジラはいいなぁッ

今回は、「ゴジラVS自衛隊(日本政府)」な映画だから、
戦闘シーンと言えば、ゴジラが日本を破壊するだけな感じだけども、
それでも、最近のCGは凄いな…っと圧巻です。

ビル群がガラガラと倒れる演出や、ゴジラの火炎放射(…って言うかレーザー光線?)みたいなので東京が焼け野原になるシーン、自衛隊のヘリが落ちていくシーンや、電車がゴジラに突っ込むシーン…etc
見ていて、昔では到底表現できなかったリアリティさを感じます

嗚呼、本当にこれは映画館で見たかった…
この大迫力は映画館で見てこそだろうなってシミジミ思う




内容について。

これについては、かなりな謎を残したまま終了。

映画冒頭に出てくる、誰も乗っていない一隻のクルーザー。
そこに、今回のキーパーソンである牧教授?が乗っていたと思われ、
そこに残された資料によって、今回色々ゴジラ対抗策を立てることになるんですけど、

結局の所、あの人は一体何だったのか…?
放射能汚染によって見捨てられたらしい教授の家族。
それにより「日本政府」を恨んでいた…っとか言う説明があった所から、

教授が、何らかの方法で海の生物を突然変異させて、
それが不法投棄された放射性廃棄物を食べて成長…??


…って事…なのかな…?って思うけど、
映画では結局何も語られずに終了しちゃうし…

途中、教授が残した資料を皆で解読しようとしているシーンでは、
「折り鶴だ!!」っと誰かがひらめき、
その資料を折る事で、何かが色々分かったらしく、
いかにも
「折り鶴は伏線になってたんですよー、気づかなかったでしょ?」
みたいな感じの流れになるんですが、
「答え」をさらして、それに対し出演者が「なるほど」感を出す中、
見ている私はと言えば、
「え?何で皆アレで分かってるの…?分かんないの私だけ( ^ω^)・・・??」
…って感じで、置いてけぼり感。

最終的に、ゴジラを凍結させる事で事件は無事解決(?)はしたものの、
結局「凍結したゴジラ」はそのまま残っている
‟ゴジラと共存”って、まさかあれそのままかいッ?!みたいな…。)

ラストカットでは、
何故かゴジラの尻尾にもがき苦しむ人間?みたいなのがめり込んでいて
「え?今作のゴジラって人間の死骸か何かでできてるの?」っと完全にハテナ状態…


旧ゴジラでは、(核で動く故)発電所みたいなのを狙う…みたいなのが多かった気がするけど、
それからすると、今回のゴジラがわざわざ「東京」を目指していた理由も分からない…。
(日本政府を恨む教授によって、結果として東京破壊する形になるよう何等かの操作が行われていた…とか?)
そもそも、途中活動停止するのも、今までのゴジラっぽくないし(何で止まってるの?ロボなの?)
その辺に全部理由とかあったりするのかな?っとか考えたら、
結局分からない事が多いよな…みたいな…

あと、中途半端に英語混ぜてくる石原さとみが演じてるキャラが
ルー大柴かよ…って感じで、ウザさMAX
出てくるたびに、発音が気になってイラッとするんだが…(´・ω・`)





…とまぁ、私の感想としてはそんな感じ。

でも、総合としては、時間を忘れて集中して見れた事を考えると、
やっぱり、私には面白い作品だったんだと

昔のゴジラを見ていない人は、
「何が何だか分からない」って事で、ぺいっ!ってしちゃうかもしれませんが、
昔ゴジラを見ている人には、
やっぱり、あんなに大きなゴジラがリアリティー満載に動き回る姿を見るだけでも
テンション上がると思う

後は、ゴジラ倒すのに、政府の‟お役所仕事”がどれだけ無能を発揮するかを見ていると、
やはり、
政府は早急にゴジラ対策を考えておかなければならないんじゃないかッ?!
って思わされる…って言うか。
劇中何度も出てくる「想定外」と言う言葉には、不安を感じざるをえない…

映画を通して、日本の問題を定義をしているのかな?っと痛感する映画でした。



あと、話が飛び飛びにはなりますが、
自衛隊の兵器とかが、むっちゃカッコいいっとかね

今作のゴジラを倒す手段と言うのが、
レーザー光線を出し過ぎて疲れたゴジラに、ビル等をぶつけて転倒させ、
その転倒したゴジラの口に直接ポンプ車にて「ゴジラを凍結させる薬剤」を入れる…

っと言う、何ともアナログな作戦だったんですが、
それはとても滑稽には見えるけども、
事前準備もなく、実際にゴジラ倒す作戦を早急に立てるとなったら、そんな感じになるのかな…っと思い、
ある意味「現実的」な作品のゴジラだ…みたいな(笑)


もし続編が出るなら、スーパーXの開発とかも気になるところ。
でも、火炎放射ならぬレーザー光線みたいな攻撃を、
口、背中、尻尾と、多角的な攻撃をしかけてくるゴジラに
ミラーで反射すると言うスーパーXとかでは太刀打ちできる気がしない…って気持ちもありますが



リボーンアニメ版の初期時は改めて見ると楽しい

最近、アニメ版REBORNを見ている蓮雪花です。

いいですね、REBORN
REBORNのギャグは個人的なツボとずれているせいか、
中々笑いどころが分からない事が多いのですが、
改めてみると、最初の方のギャグはわりと面白いなーって思ってみたり。
(完全に贔屓目は入っているけども。)

大人ランボの姿に、中身が5歳ランボが入った状態の「色々」とヤバいランボの回とか、
音声で聞いてると、中々面白いです。
イケメンによる逆コナンくん状態って酷いっすね…(笑)



そして、久しぶりに見るヒバリさんにテンションが上がる…顔文字 キャー

やっぱり私はヒバリさんが好きだな…っと。
ヒバリさんが登場するだけでにやけてしまう自分がいるよ…顔文字 糸人間 倒



10年後ヒバリさんも好きだけど、初期時のヒバリさんもいいですね
ヒバツナフィルターを通してみると、ヒバリさんは最初からツナに優しい気がします…←勘違い中

群れるの嫌いなくせに、入院したツナを同室にしたり、
ツナが殺した死体の処理もあっさり引き受けてくれるし(>標的28ウソ!俺が殺したの?)
後々を思えば、ヒバリさんらしからぬ優しさ…

ちなみに、その標的28にて、死体処理をあっさり受けてくれたヒバリさんですが、
これ、実は死体がフェイクだと最初からリボーンから聞いていて
当初の予定では、死体を発見したのち、

「並盛で殺人事件を起こすとはいい度胸だね…。
警察なんて呼ばなくても、僕が直々に裁いてあげるよ。」


みたいなノリで戦いをふっかけろ…っと、リボーンから依頼していたと仮定すると、
何か萌えるかもしれないとか思った今日この頃。


リボーンに貸しを作る為に、
フェイク死体をネタにツナ(とその仲間達)を咬み殺しに来たヒバリさんだったけど、
いざ部屋に入ると、泣いているツナを見て、
思わず「…これは僕が処理してもいいよ。」っとか言っちゃったみたいな

ツナを泣き止ませたい一心で思わず言っちゃた
ヒバリさんにできる最大限の優しさ発言。
※ただし、感覚が人一倍ズレている




@gamesセルフィ リボーンと雲雀恭弥


リ:「雲雀…。俺はお前にそんな事頼んだ覚えはねーぞ。」

雲:「……。」



まだ部屋でぎゃーぎゃーやっている後ろで、
二人がこんな感じで会話していたらとか想像すると、
うにゃってなるって言うか。
呆れ顔の先生と、すっげーバツが悪そうなヒバリさんに悶え苦しむ



標的33 借金まみれの夏休み?も良いですね
不良にからまれるツナ。そこに颯爽と現れる風紀委員様…!

「まさかヒバリさん…俺を助けに…?」

…は勘違いって言うのが本筋の流れだけども、
あのタイミングで獄寺くん達よりも先回りして助けに来てくれるのは、
流石に王子過ぎるかと思うんですよね。

やっぱり、
一人で店番してるツナを、実は遠くから見ていたからこそ…っとかだったら嬉しい。
(ひったくり犯を捕まえる為に巡回してたら、一人でいるツナを見かけて心配して見ていた…っとか言う流れ)
んで、助けにきたけど、照れ隠しでああ言う事言っちゃったとか…


ちなみに、そんな「まさか俺を助けに?」なシーンを再現してみました

@gamesセルフィ 雲雀恭弥と沢田綱吉



あの瞬間のツッ君は、
きっとこんな感じで乙女だったと思う

そして、助けに来たヒバリの方ですが、
助けには来たものの、咬み殺せる対象が予想よりいっぱいいたから、
助けに来た事を一瞬で忘れて、別のスイッチが入りテンション上がってしまい
これから起こる死屍累々を想像して、喜々としている感じで…
(ヒバリさんはあくまで戦闘民族なのでね…




基本的に光物には弱いです。

友達と福岡に遊びに行った時に、久しぶりにアニメイトに行ってきた蓮雪花です。

目的は、友達がアニメイトで予約したい物があるので、
その予約について、特典がつくのかとかを聞きに。



アニメイトとか懐かしい…。
最後に行ったのは、「うみねこのなく頃に」を買いに行った時だろうか



そんなこんなで、
アニメイトで友達待ちをしている間にどんな物を売っているのかを見ていたら
こんな物を発見しましたー



青いキラキラキーホルダー(うたのプリンスさま)



キラッキラなキーホルダー

うたの☆プリンスさまっ」の…………誰か


これが誰かは知らないけど、
単純に、このキーホルダーのデザインが気に入ったので衝動買いしちゃいました


だって、見てよ!
ほら、こんなにキラッキラだよ?
むっちゃ綺麗じゃないっすか!欲しいじゃないっすかッ


多分、うたプリは他にもキャラがいるので、
こんな売り方をしているって事は、他の人にも同じようなキーホルダーがキャラごとにありそうなんですが、お店で売ってたのは、この青色のとオレンジ色のみ。

…ひょっとして、売れ残る程人気ない人達…??
それとも、逆に売れすぎて再販した人気過ぎる人達…??


どっちにしても、青色は綺麗なので素敵だと思います


青いキラキラキーホルダー(うたのプリンスさま)


袋から出してみるとこんな感じ。
超綺麗~

個人的に、売ってるのが「紫」と「オレンジ」だったら両方買ったんだけどな!
雲と大空的な意味合い


雲雀恭弥 沢田綱吉






ちなみに、こちらのキーホルダーなんですが…
実際に持ってみると、

なんか…軽ッ…

金属部が完全にプラスチックでできとる気がする…!!!


…流石アニメグッズ…。
値段の割に…は、やはり仕方ない…のかな。

でも、見た目は凄く綺麗で私好みです



一緒にいた友達からは、
「知らない作品を買うとかありえない!」っとかなり驚愕されましたが、

でも、これを逃したらもう買えないかもしれないし
こんなキラッキラなキーホルダー中々ないし



うんうん。
「あの時買っとけば…!」って後悔するよりはいいよね


ちなみに、お値段は1000円でした。

うん。可愛いのでよし






リク×ソラ、ゲットだぜ☆

LINEゲーム「ツムツム」をやっている蓮雪花です。

「ツムツム」とは、ディズニーキャラクターを使った
オンラインでできるパズルゲーム。

特にディズニー好きでも、パズルゲーム好きでもない私にとって、
ツムツムはむしろ嫌いに分類されるゲームなんですが…

どうして未だにやっているのかと言いますと、
前にこのゲームで点数を競っていた友達がいたんですが、
その友達が卒業してしまいましてね…。
私のランキングでは、その人がぶっち切りで強かったのですが、
今ではその人すら倒せるようになったのでねッ

その人が「久しぶりにやるかー!」って開いた時に、
ガッツリ抜かれてやがるーッ!!って悔しがるであろう顔を見る為だけに
日々やりたくもないゲームを必死にやっていると言う…。

まさに、
ドS的思考によるドM的献身であります。

SとMは表裏一体~





そんなこんななツムツム。

特に好きではないゲームな上に、飽きっぽい性格なので、
イベント開催時くらいしかまともにプレイしていないのですが(←必死に続けてはいるが、真面目にはやってない。)
このたび、そんな私のやる気のなさを払拭してくれる素晴らしい企画が…!!



キングダムハーツ ツムツムコラボ

キングダムハーツ」コラボキャンペーン!!






ま、マジですかッ
しかも声つきってッ顔文字 きゃー 喜 笑顔


「ツムツムやるの怠いな…
もうやめようかな…


そう何度も挫けそうになったけど、
せめて、この日まで続けていて良かった…ッ



しかも、ソラリクだよ?
ソラだけなら、「まぁ…(主人公だし)そうだよな…」って気分だけども、
ソラとリクがセットで登場だよ?!

一瞬、「あれ…?カイリ(ヒロイン)は…?」っとも思いましたが、
まぁ、そんな事は海の広さに比べたらちっぽけな事ですね


そんなこんなで、彼らの配信が決定したと言う情報を得てからと言うもの、
コイン稼ぎに定評の「野獣」を酷使し、ひたすら稼ぎまくる日々

と言うのも、
私、ディズニー好きではないので、
今まで「欲しい」と思うツムツムとかまったくいなかったんですよね。

でも、今回は絶対欲しい。

欲しいのは「リク」だけど、
リク一人じゃ可哀そうだから「ソラ」もゲットしなければならない

だって、リクはソラを守るために小さい頃から力を手に入れたくて、
ソラを助けるためなら自己犠牲も厭わない、最強の献身キャラなんですもの顔文字 キャー
(ソラの事が大好き過ぎて、ちょいとヤキモチ焼きで暴走する事もしばしあるがね>1の内容)

だから、リクを所持するなら、絶対にソラも一緒じゃないとリクが悲しむ!!!
…っと思う!!
少なくとも私の中にいるリクはそう言う子だッ←勘違い


そんなこんなで、欲しいツムが2体

…この場合、用意すべきコイン枚数って…
平均どのくらい…なんでしょうか…
今まで「絶対手に入れるッ!」なんて思った事ないから、
ツムの入手確率とか知らんしなぁ…

そんなこんなで、
ガチャ配信開始前までに必死にコインを稼ぐ日々。


私が思う、オンラインゲームのガチャ
その攻略のコツは、配信開始時に「連投」して引く。
これが一番「出る」と思うんです

そんな事はないのかもしれないけど、
私の中では、それがジンクス。

だって、運営側にしても
「連投して引く」って事は、つまり「よりコインを所持しているプレイヤー」って事だし、
(つまりは、課金ユーザーか、ヘビーユーザーなお得意様)
「配信開始時にガチャを引く」=「毎日プレイしている」って事だと思うんだよね。

そして、配信期間中は一応いつでもガチャを回せるわけですが、
一番回す回数が集中するのは、やはり開始日だと思う。
回す人が沢山いると、何かガチャの回転数みたいなのが沢山が上がって、
結果として、いいのが出やすい気がする…。


って事で、
そんな私の思い込み理論により
配信開始日に連投してガチャった結果がこちら


01.サリー
02.パスカル
03.ナラ
04.スティッチ
05.ベル
06.女王
07.リク
08.白うさぎ
09.ウッディ
10.リク
11.シンバ
12.サリー
13.バースデーアナ
14.ヤングオイスター
15.野獣
16.ピノキオ
17.ジャスミン
18.ソラ




18回で揃った顔文字 ハッ!!!

これが良い確率なのかどうかわかりませんが、
…意外と簡単に出るものなんだな(´・ω・`)<てっきり100回くらいガチャは当たり前なのかと。


キングダムハーツ ツムツムコラボ ソラとリク


二人並んでるとやっぱり可愛いです顔文字 お願い
(まぁ…スキル的にはあまりに強い印象がないけども…

装備は、リクはソウルイーター、ソラはキングダムチェーンみたいで、
気になる台詞は


ソラ「繋がる心が俺の力だ!」

リク「闇を恐れる事はないんだ!」



ちょ…ッ!!
リク、何でそんな台詞チョイスですかーーッ!!
キングダムハーツ未プレイヤーさんが聞いたら、
「…え?リクって中二病?」って思うじゃん!!(あながち外れてはいませんが。)

個人的には…個人的には…ッ!
う、うーん…(そう言えば、キングダムハーツには決め台詞とかなかった…。)

そ、そうだな…。
例えば…
「確かに俺になれたらとても良い事があるな。
お前には絶対にできないことだ。
……ソラの友達でいられる(ドヤ顔)」



(動画:30分37秒あたり~)


とか(^◇^)?

長い上に、より一層「どんなゲームだよ!!」って言われそうだが



それにしても、……ツムツム版の音源…。
…何か…音が…悪いような
普段いい音源(=PS4)とかでしか聞いてないからかしら
リクとか宮野さんなのにな…、まるで別人みたく聞こえるよ…


あと、欲望を言うなら、やはり曲付きとかね!曲付きがいいかなッ
個人的にはノーバディ戦の曲が大好き過ぎるんですが…!!




でも、コラボとしては絶対選ばれない曲ですね…
物凄く好きな曲なんですけどね

FCコンボ2買いました!これでスーファミやり放題!

最近、ゲームの話しかしていない気がする蓮雪花です。


…と言うか、日常でもゲームしかしてない気がするよ。
ダメ人間率が上がっていく…顔文字 糸人間 挫折



最近では、「ファイナルファンタジー15」と言う最新ゲームに触れ、
最新の技術力はすげーって改めて実感しました。


最新技術って凄い。

最新技術って素晴らしい。








…っと思いつつ、
時代に逆らって、こんなん買っちゃったよ顔文字 わーい






えふしーこんぼ2




これは、スーパーファミコンとファミコンのソフトをプレイできるようになる互換機。
これさえあれば、手持ちのソフト達をまたプレイする事ができるようになるんです顔文字 喜び



普通のソフト・知名度のあるソフトとかなら、
任天堂さんのバーチャルコンソール、プSONYさんのプレイステーションストアなどで
対象の本機にダウンロードする事によりプレイする事が可能です。

しかーーーし!!
私がやりたいのは、既になくなっているゲーム会社
ハドソンさんのソフトなのです…ッ!!


できるなら、「天外魔境ZERO」や「大貝獣物語」がやりたい顔文字 キラキラ 期待


曲も好きだし、話も好きだし
多分、「懐古主義」故に「やりたい!」って衝動にかられている事は分かってはいるんですが、
でも、もうこのBGMとか聴いてたら、やりたくてやりたくて…顔文字 きゃー 喜 笑顔






これ、テレビでCM見た時は、「凄いゲームが発売された…!!」って感動したものですよ。
具体的には、何か滝とかあって、すげー綺麗だな…!!!みたいなね。
……まぁ、実際には特に行かなくてもいいダンジョン(と言うか、建造物?)だったりするんだが。




こちらは「大貝獣物語Ⅱ」の通常戦闘曲。
25秒~くらいからの、盛り上がりが凄く好き。
何かもう…ね、「…負けるかッ!!!絶対倒してやる!」って気持ちになるの。
こう言う曲大好き。
この曲を聴きながらもう1回ゲームしたい。



FCコンボ2


って事で、さっそくプレイ顔文字 お願い


大貝獣物語Ⅱ



おお!!
懐かしい!!!
超懐かしい!!!
動くドラゴバードに無駄にテンションがあがる!!




(参考までに、実況している動画がありましたので。↓こんなゲームです。)









内部電池交換しないと、エラーでます



…って…あれ?
何か…時計の設定ができ…ない…んだけど???




内部電池交換しないと、エラーでます



仕方なくそのまま進めたら、
電源切れとか言われるんだけども




実はこれ、スーパーファミコン内の電池が切れている事が原因。
電池が切れているので、
セーブデータの保存もできないし、システム設定も保持できないと言う状態。



スーファミには電池がついていた



( ^ω^)・・・すーふぁみって、電池で動いてんの??



20年越しに知る新事実。



ちなみに、交換するには専用工具と、タブ付き電池、半田こて等が必要のようだ。






ま、マジでか…
顔文字 糸人間 挫折






FF15はノクト視線だから…では納得できない所

前回、FF15について色々と語った蓮雪花です。

今回も色々と語ります。
発売されてもうしばらくになるので、今更ネタバレ禁止!っとか言う人はいないと思いますが…
一応、クリアした事前提に話します。








FF15について。
色々と不服事も書きましたが、個人的には「好き」は「好き」なんです。
だって、凄く曲がいいし、戦い方も好きだし。
映像も凄く素敵だと思います。

せっかくあんなに映像が綺麗なのに、
ダンジョンがクソ暗い洞窟ばっかりってのは、正直微妙じゃねーか…っとは思いましたし、
メインである「ストーリー」に至っては残念としか言いようがない程スカスカで、
せっかくの‟ナンバリング作品”なのに…っと思わずにはいられない感は無きにしも非ずですが。



そんなこんなで、色々不服ある作品ですが、
物語の謎がまったく回収されずエンディングを迎えたのは、
どうやら、「ノクト視線」であるから…っと言われたらしいです。


確かに、言わんとする事は分かる。
プレイヤー=ノクトであるなら、ノクトが知らない事はプレイヤーも分からない。
謎が多くて当たり前。
あえてサブイベントを削る演出によって、
現在のノクトに共感して欲しい。



これを聞いて、納得…っと思える「素直な子」なら良かったけど…さ。
ノクト視線と言う割には、ノクトの事もまったく分からないのですが




一番いい例は、ノクトのお父さんであるルシスの王様・レギス。
彼がどうやって死んだか…
これは「ノクト視線」だから分からない。
ここまでは、上記の説明(=ノクト視線だから)で理解できる。

しかし、このゲームが「ノクト視線」ゲームだと言い張るなら、
ノクトがどれだけ父に対する想いがあったかを、ゲーム本編で語るべきだろって思う…。



出だしにちょっとお見送りしてくれた人唐突に「死んだ」っと言われても、
ほぼ知らない人の死なんで、プレイヤー側としては( ゚д゚)ポカーンだし。

しかも、ノクトさんもノクトさんで
次の日から、特に王様(父)の死を悼むわけでもなく、
チョコボに乗って「ひゃっほーい!楽しい~!」…な状態だし。

…うん?みたいな。
・・・・うん?みたいな。

ノクトと共感…
できるわけがない…




例えばです。

父である王が殺されたと分かった日の夜、
「キャンプ」ではなく「ホテル」に泊まった場合のみに発生するプチ隠しイベントで、
一人で泣いているノクトのムービーが入る……っとかだったら、どうでしょう?


仲間とは言え、自分に「次の王」を望む人達の前で情けなく泣き散らす事はできない。
自覚も覚悟も無いけども、自分は「王」になるのだから。



望まない

けど

望まれている




見たくない、聞きたくない、
それなのに、一国の王である息子の自分の耳には、
嫌でもメディアを通して、その情報は連日のように入ってくる。

より一層「王として望まれる」事に対するプレッシャー、
息苦しくも懐かしい、それでも自分の「帰る家」だった場所がなくなった不安感、

「二度と帰れない場所」
「会えない友人達」
「何度かしか会話した事がないけど、それでも自分に仕えてくれていたメイドや兵士」

そして何より、
偉大過ぎてコンプレックスでもあったけども、
それでも「大好きだった父」と……もう二度と会えないと言う悲しみ。

それ等を全部含めて、無言で続く1分くらいのノクトのシーン。



ここでペラペラと独り言を言うのはナンセンスですね。
なんせ「ノクト視線」ゲームなんですから。
だから、あえての難しい「無言」での表現。

最後には、涙を拭いて「よし!」って一応決意してみるシーン。

だから、次の日からも皆の前では普通にしてて、チョコボでひゃっほーいしてても
「あ・え・てそう振舞っている」と思えば、少しは違和感なく受け入れられる。


うん…。
あんなに似たり寄ったりのサブクエストを大量にぶち込むくらいなら、
そんなサブイベントを追加してくれたら良かったのにって思わずにいられない。




他にもね、他にもだよ
色々あんだよ…
ノクト視線だから分からないと言う割に、
それだけじゃ分からない所がわんさとさ…。


個人的に、一番の伝わないポイントは、
ノクトの目的。


結婚式の為に、その会場(?)に向かっているのは分かっているけど、
王国襲撃の後、ふらふらとサブイベントしたり、剣を集めたりするシーンはありますが、
肝心の「目的」が語られてないんです!

何で王国が襲撃されたのに、旅を続けているのか、いまいち分からない。
とりあえず、帝国に捕まるとヤベェから逃げてるって事なんだろう…って思いますが、
その割に、ド派手なオープンカーで隠れもせず堂々と旅してるし、普通にホテルに泊まってるし、
そもそも、逃げていると言う設定のわりに、空から帝国兵むっちゃ降ってきてしょっちゅう見つかってるのでね…。
(探せても捕まえられないのは、帝国が悪いのでしょうけど。)

多分、王国襲撃後については、
ノクト達もこれからどうすればいいか分からないから
とりあえず、帝国から逃げてるだけ…って事だったのかもしれないけどさ…。

それにしたって……ねぇ?
何か…こう「思う所」とかないんかい?って思うじゃん?
だって、とりあえず家族は殺されてるんだよ


ラムウ探している時かな?
俺達これからどうするんだろ?みたいに聞く仲間に、
「んー、帝国への復讐?」っとか軽く答えるノクトとのやりとりがあったと思うんですが、
何とそんな会話が、フィールド走ってる時のランダムボイスみたいなのでやるんですよ?
聞いた瞬間、何、この軽過ぎる決意表明?!っと驚愕した事を覚えています…。
とりあえず、そんな軽いノリで言っていい台詞じゃない。


せめて、愛する(?)ルーナが目の前で死んだり、
仲間のイグニスが目が見えなくなったりした時とかさ…

「何で…こんな理不尽に耐えなきゃいけねーんだ…!!殺してやる…、殺してやるぞ、帝国!!」

みたいな怒りのシーンとか…。



そう言うのが欲しいよな…みたいな。
ノクトさん、そう言う感情シーンがまったくないんですよね…


だからグラディオさんも怒ってるんだろうな…。
グラディオさん的には、あの時イグニスを心配してと言うより、

「ここまでされて、凹むだけかよ!怒って帝国に立ち向かえよッ!!」

って言いたかったのかなって想像すると、
あのムカつく八つ当たりシーンも、納得いく気がしなくもない。
(ただ、あまりにイラついたので、いっそサシで勝負してやろうか…っと思いはしたが。)

…しかし、グラディオさん側の心情は(想像で)分かっても、
ノクトさんの気持ちは分かりません…。
「ノクト視線」なのに、何一つノクトが考えてる事が分からぬ…。
(ちなみに、グラディオの場合は、何故一時期パーティー離脱して怪我して帰ってきたのがが分かりませぬが、この瞬間が多分後々配信されるキャラクターエピソードになるんだろうなって思うので、そこは別に気にしてない。)


帝国に立ち向かう事=自分が死ぬ事になるから…なんですかね?
召喚獣と契約すると、最終的に死ぬことを最初から知っていたなら
ノクトが王になる事に積極的じゃないのも、理解できるんだけどな…。
(でも、あのバハムートとの会話シーンを見る限りじゃ、あの時初めて知りましたって感じだし。)


エンディング時、
「死にたくない」って言うノクトに対して
イグニスが、「やっと言えたな」とか言う所を見ると、
ノクトはそう言う事を口にする事をしないタイプの人間だったと言う設定なのかもしれませんが、
そんな人がそもそも主人公って言う設定なのが…うん。

言わない設定にしたいなら、
やっぱり何らかの形でプレイヤーには「伝える」努力をしなきゃ
神ゲー!って称えられる事はないって思うけどな。



さらに言うなら、
ノクト視線だから、ノクトが知らない情報は分からない…って事ですが、
じゃあ、何故ノクトは聞かないの?調べないの?



単純に、イグニスの目が見えない事情についてだってさ、
電車内でノクトが直接イグニスに聞くシーンこそありますが、
あの程度の語りで、ノクトは「理解した」んですか?

本人にその時の事を根掘り葉掘り聞くのが気まずいなら、
「ちょっとはイグニスの心配しろや!」って激キレしてるグラディオさんに聞くとかさ…、
多分、イグニスの性格上、ノクトを心配させたくない・怪我をしたのは自分の不注意もある、みたいな感じがあるから、絶対本人に聞くより他に聞いた方がいい気がするので。
グラディオに聞くなら、アレだって「大人」なんだし(多分)
ノクトが結婚相手を亡くした悲しみもあるって事は、内心は分かってはいるだろうと思うので、
ちゃんと、どうやって怪我したかとか、その時どうだったとか教えてくれるだろうし、
今後どうやって旅を続けるかの相談だってできただろうと思う。

もしくは、グラディオが激おこ(笑)で、会話にならない状況であるなら、
同年代で友達でもあるプロンプトに、今までごめんなって言いつつも、
「俺がふさいでた間さ…その……、イグニスってどうだった?」っとか心配するとか。
そう言うシーンはないんかい?みたいなね


「知らないなら聞く」
これは当たり前の事だと思うんですが。


あと、アーデンが不死とか、唐突に出てくる寄生虫の話とか、
帝国は既にシガイでいっぱいなのに、何故隣国なのにのほほんとして暮らしてるのかとか、
情報が漏れないのなんでなの?みたいな。


それ等は普通だと、「調べる」事はできるんです。
普通のゲームならば。


なのに、唐突にダンジョンに何故か散らばっている変なレポートを見るだけとか…
それは「調べた」んじゃなく、ただ「見た」ものなんです。
だったら、その後、調べられるイベントを作っておくべきなんじゃないの?みたいなね。



それもさせてくれない事、
ノクト自身も、調べようとすらしない事を、
作品として「残念」だと言っているのですよね。


同人誌とか出すなら、絶対補完シーンを入れられる所だと思いますが、
補完を入れられる=語りが足りてないって事でもあるんですけども。


そう言うシーンで、プレイヤーの斜め上の行動をとった時、
初めてその作品は「いい作品」になると思うんです。

無言主人公ではなく、ちゃんと動いてしゃべる「ノクティス」と言う主人公。
彼が今何を思い、何を考え、どう行動するか、
それを想像するのも楽しくはあるけど、
プレイヤーの想像にまかせるだけは、投げと一緒だと思うんです。





よくFF界で「FF7の壁」っと言われるので、7で言いますと、

実はクラウドは、「ソルジャー」じゃなくただの「一般兵」だった…
それが分かるティファとの回想シーン。





ティファがやられ、ザックスがやられ、
その絶体絶命の場面で一人でセフィロスに向かって行く、一人の神羅兵。
そして、あのセフィロスに一撃を食らわせる…!!!(動画24分~くらい)



謎が一気に解ける解放感同時に、
プレイヤー側に「ただの一般兵・クラウド」としてのカッコ良さも見せると言う
素晴らしいシーン。



あのシーンは、前にちゃんとクラウド側から見た偽りの記憶を語たったからこそ、
ちゃんと効果を発揮するシーンなんですよね。
(偽りの記憶内でも、クラウドがティファを見守ってるシーンがあるのが神伏線)

クラウドがソルジャーじゃなくてもカッコいいのは、あの一般兵シーンがあるからなんです。
だから、あと作品で変にかっこつけたクラウドがでると
バリバリ違和感を感じるんですが…(お前、ただの一般兵やろ…、最後そんな感じちゃうかったやん…。)



何かね…
ちゃんと完結してるんですよね。

謎だったのは、
どうやってミッドガルにクラウドが来たのかって経緯くらい?
でも、それは神羅屋敷の地下を「調べれば」ちゃんと文字が書いてあったりするヒントはあったし、
インターナショナル版では、追加イベントで、
ちゃんとザックスがどう言う人物かまで補完ありつつーの、
ザックスが中毒状態のクラウドを見捨てたりせず、ミッドガルまで一緒に連れて逃げてくれたと言う、凄い神イベントがあったりしてね

このイベントで、一気にザックス好きになりました…
ザックスいいやつ過ぎる!
大好きだ、ザックス





…うん。これが「補完」なんですよね。

全部謎にして、調べる事もできず、
後々サイドストーリー(有料)でちゃんとやりますよって言われても、
それは結局「作品」として完成していない物にしか思えない…。
それでいて、酷評すんなと言う方が…難しいよね。





例えば、貴方が本を買う時。

その作者が前に書いた作品が好きなので買ってみた1冊の本。
(値段は限定版で2万円しました
表紙にはこれで完結するとばかりに、巻数がふってない本。
でも、いざ読んでみたら全然謎だらけの本だった。

不服に思っていたら、とある雑誌にて製作者様が、
「続きはサイドストーリーとして「WEB漫画」で公開しますよ。」
って言ってるのを見たら…どう思います?

しかも、その漫画を読むためには、
漫画会社のユーザー登録をして、挙句、本編に対して明らかに内容が薄い物を数回にわけて「有料」で買わなきゃいけない…。
そして、配信日も謎…。



「良い作品」って言えますか…?
少なくても、良くはない…っと、私は思う。




やはり…ね、
ゲームはあくまで「子供」が遊ぶための物だし、
システムを複雑にすればするほど、子供はどんどん離れて行ってしまう。
大人だって、私みたいなオタクはちゃんとついていきますけど、
これが子持ちの大人とかになるとさ…自由にできるお金も少ないうえに、
ネット環境とかも揃えにくくなるし、
設定も、じわじわと段階を踏んでるから分かるけどさ…
いきなりスーファミとかしかやった事がない人が「PS4」だけ買っても、
中々スムーズに立ち上げできないと思うんだよね…。
(ゲーム入れても何かインストールしろとか言う!って普通におびえるわ…。)


せめて、ソフト買ったらそれだけで完結くらい…はね?
エラーがあったら、ネット経由で解決ってのも、親切ではあるんですが…。
ネット環境が整わない人は、同じお金払って買ってるのに、改善せず我慢しかできないわけだし…。

何か…そう言うのが、
今時のゲームは…ちょっとねって思うかな。




私個人としては、
お金もあり、ネット環境もあるので、
FF15の世界を全て知る為にも、
今後もサイドストーリー配信されたら絶対買うし、楽しんでやると思う。
配信日には絶対やってる自信があるし(夏じゃなきゃ、仕事も忙しくないので)
心待ち率は相当高い上に、
攻略本以外の設定資料集が出ても予約して買ってやる勢い。
(攻略本は既に予約してんよ!製作者のコメントに謎を解決するヒント目当てでな!)


…でも、
それが万人の意見かと言うと、そうじゃないだろうな…っと思う。
だから、酷評されてしまうと言うか。



そんなこんなで、評価が☆1のソフトでは絶対ない!っと断言するけど、
あれだけ素晴らしい技術力と音楽センスなのに、
☆5なんては物は絶対につけられないだろうな…っと薄っすら理解はしている感じです
(ちなみに私は、今後配信されるサイドストーリーとやらに期待をこめて☆4ですけどね)


とりあえず、ノクト視線とかうんぬんはともかく、
飛行機着陸時にいちいちゲームオーバーにして、挙句くそ長いロード時間表示すんのだけは本気でやめろ…って思ってる。



ファイナルファンタジー15楽しんでプレイしてます。

一応、書きますが、
当ブログでは、世間で言う所のネタバレが記載されています。
ネタバレが嫌!っとか言う人は、発売と同時にプレイし、誰よりも早くクリアしましょー










11月29日からゲーム三昧な蓮雪花です。







ファイナルファンタジー15」が発売されましたのでね、
そのクオリティの高さには驚かされるばかり。

閉鎖された日常でのみ生活している私にとって、ゲームとは、
「最新技術だと、こんな事までできるのか…」っと、
未知の世界を知る事のできる未来の窓のようなものです。

いや…本当にね、
ファミコンの頃からのゲームやってた世代からすると、今の技術は凄いの一言ですよ。


しかも、今回のゲームBGMは、
キングダムハーツ等で御なじみの下村さんの曲と言う事で、
曲のセンスが素晴らしいんですよねッ

ゲーム中、何度も心をへし折るイベントが盛りだくさんあるんですが…(最大の絶望はプティウォス遺跡です…)
そのたびに、この下村さんの曲で「やってやる…!!」って気持ちが湧き上がってくる。
それくらい力のある曲だと思います。







個人的に一番好きな曲は、魔導兵バトル戦。(10分18秒~)
帝国の魔導兵は、結構なエンカウント率でランダムで空から降ってくるから、
出てくる度に、毎度イラッとさせられるのですけど、
その分、その時にバックで流れる曲が良すぎてね…



戦闘システム、曲、ともに素晴らしいゲーム。
サブイベントの量がクソ多いのはちょっとだれるし、
討伐モンスター依頼も一気に受ける事はできず、毎回報告に戻ると言う手間があったり、
そのわりにロード時間はクソ長いしで、イライラはするんですが、
その分、長く遊べると言う意味では楽しいって思えるかな?





ストーリーは…うん…。
何と言うか、他が素晴らしいだけに、
「何でこんな感じで作ったんだろう?」っと首をかしげたくなるんだけども。


せっかくバックでこんないい曲がなってるのに、
敵国が約束反故して、母国を滅ぼされたとか、死をもって国を救う使命とか、
色々暗い面も沢山あるのに、
そんなおいしい設定がクソのようにあるにも拘わらず、
「お父さんの仇!!」とばかりに、勇猛果敢に立ち上がったり、
「プロンプトを返せー!!」っとか、
「ルーナは俺が…守る!!」っとか…さ、
そう言う、熱い王道な盛り上がりシーンがまったくない…っと言う残念仕様。

プロンプトに至っては、ラス面の鍵を全部解除できる所から、
どうやら魔導兵って言うか、クローンなの?みたいな衝撃的事実が、ラストでいきなりふわっと分かるんですが、
その割に、何故か小学校頃は、王族であるノクトと同じ学校に通ってたりするし
(帝国とは敵国にあたるルシス王国に住んでる。どうやって帝国から抜け出したかとか、そのあたりの経緯については、現在時点では一切謎。多分シーズンパックのプロンプトストーリーで補完してくれるんじゃないか…っと期待だけしておく。)
そして、そんな実験体?みたいな存在だったと言う過去があるわりに、何故過去のプロンプトの姿はデブだったりするし…。
もはや悲壮感ゼロじゃね?みたいな…ね

そもそも、ゲーム内容的にも、
何故ラスボスを倒すと、世界が救われる演出になるのかもよく分からないような…。
サブイベント全部クリアはまだだから、そのあたりクリアしたら理解できるようになる可能性はあるのですが、
唐突に出てくる寄生虫の話とか、どの話もふわっと「文字」だけで語るもんだから、
どうにも「理解す」るより「謎」が増えるばかりでね…。
ともかく、ゲーム本編で「語られない事」が多すぎる…


あと、多分、誰もが感じると思うけど、
主人公の目的とか、やりたい事ってのが、どうにも「ふわっ」としてるんですよね…。

主人公のノクティス自身が、ちょい「クール男子」っぽい所があるからかもしれませんが、
何か…こう、反抗期の男の子?みたいな態度をとっちゃうので、
いまいち「頑張れ、王子!!!」…って、素直には応援できない。
(どちらかと言うと、「テメェ、いい加減にしろよ…」っとイラッとする事の方が…。)


仲間についても、
最初はあれだけ仲が良かったのにね…。

好きな女性が死んで悲しんでいる状態の主人公に対し、
死んで悲しいのは分かるけど、そろそろ「覚悟」決めろ!
みたいに言われ、むしろ怒られちゃうみたいな…。
喪にふす時間もねぇ…。


想像してみてください…
貴方の大事な人が、目の前で死んでしまう…。
それを守れず、目を開けたらもういない、二度と会えない…。

その状況から立ち直るのに、どれだけ時間が必要ですか?



確かに、世界がピンチな時に、そこで立ち止まっては困る意味も分かる。
(時間がないとか言う割には、サブイベントで盛大に時間つかいまくってますけどね…。)

でも、その「世界を救う覚悟」をするのは、
あくまで「本人の意思」であり、周囲が強要するべきじゃないし、
そこは気を遣ってやるのが、年上の仕事じゃないかっと思う。

しかも、その覚悟ってのは、世界のためのノクトの「死」を意味していたりするし…
あんんだけ仲良し面してたくせに、「さっさと、死ぬ覚悟しろ!」って平気で言ってくるメンバー(主に筋肉)に殺意。
お前なぁ…、イリス(妹)が同じ状況になった時も、同じ台詞を言えんのか?!…っとイライラ


ちなみに、命を捧げて世界を守ると言うような設定は、FF10でもありましたが、
>自分の命をささげる事により、シンを倒すユウナ様。

でも、彼女の場合は、
「死ぬ覚悟」があって、それでもやる!とユウナが決めているからこそ、
仲間はついてきているんですよね。





このアルベドホームのシーンについて(12分~くらいから)
これまでのユウナの態度を見ていたら、ユウナがこのまま行くと死ぬ運命にあるって事は、
プレイヤー全員、分かっていた事だと思うんですけど(分からなかったら、相当鈍感。)

でも、分かっていたとしても!
やっぱり、こうやって言い争う仲間の台詞を聞いていると…
ぐっとくるって言いますか…。



「ルールー!ユウナの事、妹みたいに思ってたんじゃないのか?!ワッカもそうだよな?!どうして止めないんだ!!」

「止めなかったと思うの?!」




のやり取りには、
想像はついていたのに、分かっていたのに…涙がボロッとくる
これ初プレイ時には、すっげー分かってたのに泣かされた…。
BGMがいいタイミングで盛り上がるんだよ…。
プレイヤー泣かせます演出がすげーんだ…。


どうせ死ぬなら…ね!
こう言うの!


「…死んでほしくないけど…!!こうするしかねーんだよッッ!!」


みたいなのが欲しかった。

エンディング後のキャンプシーンで「死にたくない…」って口にするノクトのシーンはあるけど、
「やっと言えたな」っとかサラっと言われて、
特に何の対策も模索しない仲間に、マジでか…っと思った。

うぇんざない~はずかーむ♪って流れてるシーンについては、
どうしても映画「スタンドバイミー」の印象が強すぎて、
ゲーム本編より、むしろ本家の映画の方の回想シーンが流れだすからな…。(世代の問題で)
…もっとも、思い出すのはゲロシーンだが…(あれはトラウマ。)



確かに、仲間が失明したと言うのに、
声もかけずにふさぎ込むノクトにも優しさがないとは思うけど…(とりあえず王の資質はないなぁ…みたいな)

逆に、ノクトに失明したイグニスが声をかけて、ノクトを慰めるシーンもなかったしさ…
(こちらも、王の補佐的な資質がないなぁ…みたいな)
そうなると、あいこだよね?って思うし、

他のメンバーも、
「ノクト、イグニスに冷たいよねー?アイツ無視しようぜ…!」みたいなノリが
せっかく今まで仲良かった分、悲しくなる。

あと、失明したイグニスが可哀相!ってグラディオが言うけど、
そもそも、プレイヤー側に「失明するイグニスのシーン」を見せずに、
失明しましたって結果だけ報告して
「イグニスに優しくしろよ!」って言われても…

そもそも?何で唐突に失明とかしてんの?ってなるし…。
そこはちゃんと回想シーンで補完しようぜ……。

そして、やむにやまれぬ事情と、実はノクトの為に動いて失明したのに、
肝心のノクト自身はこんな態度だからこそ、みんな理不尽な態度にムカついてる…っとかさ…
ちゃんと納得させてよ…


挙句、その後はのんびりついてくるメガネを待ちながら面クリアしなきゃいけないとか、
本気でウザったいし…。
置いていくと、仲間に冷たい!っと怒られる…。
マジで、ついてくんなぁ…っと、始終ストレス。


もっとさ…悲壮感とか漂ってくれてたら、
「絶対置いていったりしねぇ…ッ!イグニスは俺が守る。俺がイグニスの目になるから!」
って気持ちにもなるけど、
仲間から総スカンくらってる状態とかねぇ…。

もはや仲間なんていらねー・・・・ってなるしな。



その後とか、仲間全員いなくなる状態に陥って、
「仲間いないと大変でしょ?」みたいなストーリー展開になるんですけど、
同時に、「武器が使えない状態」になっているので、

仲間がいない事より、武器が使えない事に苦しんでいるのに、
何故かストーリー的に「仲間いなくてつらい」みたいな状況になってる事にもストレス。


違げぇーからな!
ぼっちがツライんじゃねーし!!


って叫びたい。
でも、同時に展開されるメタルギアソリッド展開には、
ちょっとだけ、そっちの意味で「一人が怖い」って思わされる気持ちもあるんだけども…。

ホラーゲームを見るのは好きだが、自分でプレイするのはとかく苦手なんで…。





まぁ…そんなこんなで、
色々不満は沢山ありはするものの(レイヴス何で唐突に死んでんだ?っとか。)

それもこれも、色々と期待できるし、楽しい作品を想像したからこそ!
これが、ファイナルファンタジーのナンバリング作品だからこそ!
どうして…っと思うだけであって、
これが、ファイナルファンタジーでもなんでもないのなら、多分普通に「いい作品みつけたよ」って言えるんじゃないかなって思う。









ラパンのミニカーゲットだぜ☆

前回の日記の関連記事


実はこんなのも取ってみました。



UFOキャッチャーでラパン取りました






流石に「車」は難しいだろ…っと思ったけど、
やっぱり1回で取れましたYO
ミニキャッチャー、万歳顔文字 わーい


私の今の車がラパン(正確にはラパンショコラだが…。)で、色がピンクなので、
似たような物を取ってみた次第。

ラパンショコラピンク ムクツナ
<関連記事:むくつな号を買いました


前から同じミニカーが欲しいと思っていただけに、ちょっと嬉しい








 | ホーム |  »

写真日記

Twitter